« 痔の原因その2 【冷え痔】 | メイン | 痔の原因その4 【下痢痔】 »

痔の原因その3 【便秘痔】 

「便秘が痔に悪い」事はご存知のはずです。
毎朝ウ〜〜ン と気張る、いきむから?

実はそれだけの問題ではないんです。

気張ると確かに肛門付近のうっ血の原因にはなります。
しかし重要な部分はもっと深くに隠されています。

まず痔ができる根本的な理由を考えてみましょう。
下の図のように末端から集まった血液は肝臓に吸い上げ
られるのですが、肝臓に入っていく血液が停滞し始めると
もちろん肛門付近に「うっ血」します。(重力も影響します)




「うっ血した血液が肛門付近で行き場を失い」
そして痔を作り出します。

便秘は
@ 物理的に下半身の血管や内臓を圧迫
   (妊婦さんの痔の発生原因とにてますね)

A 便が腸を通る速度が遅くて、便に含まれる毒素を
   吸収しやすく肝臓の負担や炎症がふえる。
   (便秘が悪化するとニキビが悪化、と同じシステム)

そのダメージが毎日つづくと
「肝臓が血液を吸い上げにくくなります」

「いくらクスリを塗っても再発する理由がこれです」
※状況にもよりますが手術してもこのサイクルは変わりません。

大切なことは便秘だけではなく、「門脈」循環、下半身の血液循環です。


      【便秘痔の対策として】

 上記のことからも、便秘だけでなく肝臓と血行が
大きく関係していることが理解できます。

@ 決して便意を我慢せずに、もよおしたらすぐトイレ。
  そして可能な限り短時間で大便を出す。
   トイレで雑誌等は禁物です。3分以内がベスト。

A 腸内環境を整える。
   サラダ等の生野菜は体を冷やします。(痔に冷えは大敵)
   温野菜、煮物で大量に食物センイをとりましょう。
   ヨーグルトなどで善玉菌を増やすことは、想像以上に肝臓
   を守ることにつながります。

B 便秘薬をしっかり選んで最小限に。
   便秘薬は種類によっては肝臓負担になるもの、
   体を冷やすものが多く、例えばピンクの小粒類は
   直腸を刺激しすぎて、だんだんと薬量が増える傾向に。。

痔の原因 【便秘】