« 原因別、痔の治療 | メイン | 痔の原因その2 【冷え痔】 »

痔の原因その1 【酒痔】

「痔にお酒は大敵」と耳にしたことがあると思います。
でも「飲みたいものは飲みたい!」・・
確かにストレスの多い社会人として当然かもしれません。

でも一応「どうして酒がいけないか」ということだけでも
理解して頂き、「一生楽しく飲む為のコツ」
を知っておくことが大切です。

まずお酒は肝臓に負担をかけている事はご存知のはず、
さらに酒だけでは無く、「ストレス」や「合成医薬品」も肝臓に
ダメージを与えます。 
合成医薬品とは科学物質で作られたお薬をさし、
血圧のお薬、糖尿薬、風邪薬までも合成医薬品です。

そのダメージが毎日つづくと
「肝臓が血液を吸い上げにくくなります」

下の図のように末端から集まった血液は肝臓に吸い上げ
られるのですが、肝臓に入っていく血液が停滞し始めると
もちろん肛門付近に「うっ血」します。(重力も影響します)





「うっ血した血液が肛門付近で行き場を失い」
そして痔を作り出します。

「いくらクスリを塗っても再発する理由がこれです」
※状況にもよりますが手術してもこのサイクルは変わりません。
 大切なことは「門脈」循環、下半身の血液循環です。

   【酒痔の対策として】

 お酒を減らす事が重要なのは言うまでもありませんが
なんとか「お酒の害を最小限に」することを考えたほうが
現実的かもしれません。

@ とにかく週に1日は休肝日を

A 肝臓の主要な構成成分である「タンパク質」をしっかりとる。
   ※脂肪肝も肝機能に悪影響となりますので、
    ローカロリー高タンパクがベストです
    酒のつまみに・豆腐・枝豆等を。

B トウガラシ、にんにく等の刺激物を控える
   東洋医学的にも酒は「湿熱、痰熱」を産生します。
   さらに刺激物、香辛料類は熱を産みだします。
   それが炎症(痛み、出血)の引き金となります。
   やはり和食、粗食がベストです。 

痔の原因 【お酒】